話題のプロミス連帯保証人の現在

正確には、銀行のカードローンを検討する際にはまず、そこに口座が無くてはいけません。しかしその中には、銀行に口座を持っていなくても利用できることがあります。その銀行には無人の契約機が用意されていて、カードの作成も行えます。 そのカードを使えばATMを利用して引き出しが行えるので、今現在口座がない銀行でもカードローンが利用できます。 どんな目的で使うのであっても希望額分を借りられるのがカードローンの手軽さの一つではないでしょうか。 その資金を何に使うのか問われた際、「レジャー」や「旅行」というような必ずしも大きな事に利用しなくても良いのです。 「引っ越しの為」などは後々連絡がつかない恐れがある為に懸念されるようです。他社から借入れている分の「返済資金」は認められません。必ず通るような審査基準であっても通らなくなってしまいます。 便利なカードローンですが、使うと明細書が送られてくることは避けられませんでした。やましくなくても家族に口出しされたくないことってありますよね。 勤務先に送るのは以前ダメだったので、ほかに家族に秘匿する手段はないかと検索してみると、けっこうフツウにそういう会社が存在することに気づきました。それも、大手銀行系や老舗金融などで。その中でレイクを選んだのは、安心の銀行系であることのほか、30日間無利息や180日無利息プランがあり、繰上返済にも対応していたからです。 ウェブなら24時間手続きできるのですが、あえて家や会社のPCは使わず、自動契約機を使って契約しました。最大の懸案事項であった利用明細書については、申込時にウェブ明細サービスを選べば、自宅に送られてくることはないそうです。 家族に知られないのがこんなに安心できるとは思いませんでした。総量規制という年収の三分の一までの借入を限度とする法律がプロミスのキャッシングにおいては適用されることになっています。とはいえ、これは消費者金融業者のフリーキャッシング、クレジットカードにおけるキャッシング枠を用いた借入で適用されるのです。 銀行のカードローンの借入の場合、該当しないということです。 そして、借入契約がどのような場合でも、借入先が銀行であれば全て総量規制に該当せず、対象外となります。
プロミスは連帯保証人が必要? | プロミス即日審査【スマホ対応】