ウォーターサーバー水おいしい?

ウォーターサーバーに使用される水には、大まかに分けると天然水とRO水の2種類になります。
天然水は地下水や特定水源から汲み上げた水を濾過、沈殿、殺菌処理を施した水です。
RO水はRO膜と呼ばれる水の粒子だけが通過できる微細な穴を持つフィルターで濾過した水で、不純物が混入していない純粋な水です。
RO膜は放射性物質や鉄分、亜鉛などの金属類、細菌や病原菌など、すべての不純物を濾過してくれるので水源となる水を選びません。
実際に、水道水を濾過して提供しているウォーターサーバーメーカーもあります。
このように安全性では優れているRO水なのですが、ミネラル成分も濾過してしまうため、水の味が感じられないというデメリットもあります。
BLUEウォーター評判どう?水の宅配をお試し!【口コミならコチラ!】