住宅ローンは年収いくらならかりられる?

住宅ローンの融資に、銀行では最低年収が設定されていて、200万円から400万円となっています。
住宅金融支援機構では、特に規定がありません。
とは言っても、無収入では返済の当てがありませんから、返済能力があると認められることが最低条件と言っていいでしょう。
概ね400万円程度の年収があり、勤続3年以上であれば、審査に通る確率は高いですね。
住宅の購入となれば、新築建て売りであれば2,000万円以上、中古住宅でもリフォームなど入れると700万円ほどの資金が必要になってきます。
平均的な生活レベルを維持するのに300万円前後かかると考えると、計画的に返済を続けるには、最低400万円ほどの収入が必要だと言えます。
2,000万円以上の借り入れなら、年間80万円〜100万円を返済する覚悟が必要だからです。